Step.4:起業に一番必要なものとは?

熱意を持ち続ける
質問

起業に向け、一番必要なものとは何でしょうか?

回答

はい。それは「熱意」です。当たり前だと思うかもわかりませんが、「熱意」を持ち続けることが大切です。


起業に際して一番重要なのは、当たり前と思われるかもわかりませんが、「絶対にやりぬくぞ!」という「熱意」です。

 

 

経営を順調に行う項目の中で、「熱意は50%以上を占める」という調査結果もあります。

 

 

また、起業時には溢れるほどあった熱意も、「数カ月、思うようにいかない」ことが続けば、少しずつ消えてしまうことが多くあります。

 

 

そもそも、計画の無い思い付きの行動は無謀であり、計画があって改善を繰り返しても、成果が出るまで1年や2年は掛かるのが普通です。

 

 

いや、1~2年だとむしろ早いと言えるでしょう。

 

 

この苦しい期間に「熱意」を持ち続けるというのは難しいことですが、計画に修正を加え、スピードを持って実行と評価、改善を繰り返せば「考えた事業への自分の向き、不向き」や「お客様の反応」がわかるはずです。

 

 

逆に言えば、冒頭に記載した「熱意が順調な経営の半分以上のウエイトを占める」のであれば、熱意を持ち続けることができれば成功する可能性は高くなります。

 

 

そして、「やり抜くぞ!」という「熱意」は行動で表す必要があり、起業準備中に策定した計画に対し、「実行、評価、改善」+「スピード」を持って行うということです。

 

 

戦略や戦術はコンサルタント等、教えてくれる人もいますが、「熱意」だけは他の人はどうすることもできません。

 

 

いざ起業したならば、失敗を恐れず、「考える時間があれば行動に移す」というスタンスで臨み、「小さな成功」を引き出すことができれば、起業時の「熱意」を維持しやすくなるでしょう。

ここがポイント

●経営で一番重要なものは「熱意」です!

 

●「熱意」が成功の50%以上を占めると言われており、熱意を持ち続けることができるかがポイントになります。

 

●「熱意」は自分自身の問題であり、他の人はどうすることもできません。

 

●在職中の間に考え、起業すれば実行を最優先し、評価、改善をスピードを持って繰り返しましょう。


Office information


業務案内
事務所概要
プロフィール